ボンネットの開け方&ウォッシャー液の入れ方

 印刷用&このページ拡大

TOP > サイトマップ > 愛車のメンテナンス > ボンネットの開け方&ウォッシャー液の入れ方


<ボンネットの開け方>&<ウォッシャー液の入れ方>

ボンネットを開けるためのレバーを引く
1.↑の位置にある出っ張りを引っ張ります。すると、なんか音がしてボンネットが持ち上がります。


持ち上がったボンネットのすき間にあるレバーを回して、そのままボンネットを持ち上げる
2.持ち上がったボンネットのすき間(エンブレムの下)から↑のようなレバーっぽいのがあるので矢印のように回した後、そのままボンネットを持ち上げると開けることができます。


ステーをクリップから外し、ボンネットの指定の穴に差込むとボンネットを開けた状態で固定できる
3.ボンネットを開けた状態に固定するために下矢印が指す“棒(ステー)”をクリップから外し、“棒”の先っちょを上矢印が指す穴に入れます。


ウォッシャー液を用意
4.↑今回入れるウォッシャー液。車屋さんなどで手に入ります。


指定のタンクにウォッシャー液を注入
53の画像の○印の位置にウォッシャー液を入れるところがあります。フタを開けて↑のようにウォッシャー液を入れていきます。あせるこぼす恐れがある場合は、ろうと(じょうご)を使用すると作業がしやすいです)

くれぐれも溢れないようにタンクを覗きながら目入れましょうビックリマーク


作業が完了したら、ウォッシャー液がちゃんと出るか実際に動作チェック
6.入れ終わったらフタをしてボンネットを閉めます。
(ボンネットは、少し高めの位置から手を離すと、勢いがついて完全に閉まります。)
最後に、ウォッシャー液がちゃんと出ることを確認できたら完了ですビックリマーク

ウォッシャー液が無くなったら、これを参考にウォッシャー液の補充に是非チャレンジしてみてください。
自分で行うと車への愛着も湧いてくる、はず。







TOP > サイトマップ > 愛車のメンテナンス > ボンネットの開け方&ウォッシャー液の入れ方